2013年10月25日

ヘビが苦手

 高尾のヘビについては以前も述べたが、それほど出現率が高いものではないし、怖い存在でもない。
 しかし、ビジュアル的に、どうしても寄せ付けない人が多いのも事実だ。

 絶対ヘビに遭遇しないように歩くのはどうするか。
 これに対する回答はないのが事実だ。

 一番遭遇確率が少ないのが真冬に行く事だ。
 ただ、積雪や凍傷など、それなりのリスクを伴う。
 
 シーズン中はどうするか。
 強いて言えば、10人以上の団体さんの後について歩く。
 団体さんが道の途中で止まれば、あなたも止まる。
 お先にと言われても固辞する。
 怪訝な顔をされるかもしれないが、ヘビに遭遇するよりは良しとする。
 それでも団体さんの見逃したヘビを見つけてしまう確率はある程度ある。

 団体さんと別れ、少人数で歩くこともあり得る。
 ヘビは耳が聞こえないし目も悪い。
 ヘビの方も気が付けば自分から逃げるのが普通だが、間に合わなくてばったり遭遇と言うケースも多い。
 せめてもの対策として、足をガンガン踏みつけ、地面を振動させれば逃げてくれる確率が高くなるだろう。
 しかし、途中でくたびれたり、膝を痛めてしまうリスクはある。

 
 この際、ヘビを見る練習をする対策もある。
 但し、人によっては逆効果になる可能性も高い。
 
 ヘビを見るのに一番いいのは、日本唯一のヘビ専門動物園、群馬県太田市にあるジャパンスネークセンターだろう。
 ただ、首都圏からだと高尾山に比べ、かなり遠い所にある。
 本番と練習が逆になってしまう。

 高尾山から一番近い動物園は多摩動物公園だが、ここにはヘビコーナーはない。
 東京都立の動物園として上野動物園と仕分けがされていて、ヘビは上野で展示されている。
 ただ、広大な多摩動物公園の敷地には、高尾山と同じ、8種類のヘビが生息している。
 去年の12月6日から今年の1月29日まで、特別にこれらのヘビを展示していた。
 と言うことは、この時期でもヘビは出る可能性があるということだ。

 首都圏でヘビを見るのに一番適しているのは、横浜の野毛山動物園だろう。
 無料だし、高尾山にいるアオダイショウやシマヘビが展示されている。







posted by 高尾評論 at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | 苦手別対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗り物が苦手

車酔いをする人にとって、山歩きはつらい作業だろう。
 普通、登山口まで入るのは、くねくねとした車道を車に揺られながら行く必要がある。

 その点、高尾は車酔いをする人にとってもやさしい山域だと言える。
 車酔いをする人でも、電車は比較的大丈夫だと言う人が多いだろう。
 高尾山中は当然のこと、陣馬高尾縦走路も北高尾山稜、南高尾山稜も、電車だけで行ける山域だ。

 一方路線バスは、どれも山間部のクネクネ道を通るので、つらい乗り物になる。
 特にシーズン中はかなりの混雑だ。
 特に高尾駅と陣馬高原下を結ぶバスは、長時間車中で過ごすことになる。

 乗り物酔いする人がバスに乗らざるを得ない時は、座るようにしたい。
 前後の車輪の間にある、前向きの座席がいい。
 できれば進行方向右側の窓側だ。
 左側通行なので、右側の方が景色の流れが緩く、目が回らない。

 電車でも酔ってしまう人は、やはり座席を確保したい。
 この場合、車両の中央部の進行方向左側としたい。
 電車は横向きなので、このほうが景色の流れが緩やかになる。
 ただ、京王線、中央線とも、線路はよく整備され、新しい車両を使っているので、乗り心地はいいはずだ。

posted by 高尾評論 at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | 苦手別対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

下りが苦手

 普通、登りは苦しく、下りは楽だ。
 登りから下りになると、ほっとし、スピードも自然に上がる。

 だが、下りになった瞬間緊張し、時間も余分にかかる人がいる。
 いわゆる「下り恐怖症」だ。

 下半身はへっぴり腰、上半身はガチンガチンに固まっており、何でもないところで簡単に尻もちをつく。
 はたから見ると、わざと尻もちをつく歩き方をしているのだが、本人にはどうすることもできないようだ。

 靴のせいだと思って、重い登山靴に変えてもほとんど改善はしないだろう。
 靴底にいくら深い溝が切ってあっても、後傾姿勢で踵だけに全体重がかかっていれば、滑りを抑える事はできない。
 滑りは、靴の溝よりも、体重を足の上に均等に乗せてバランスをとることで防ぐものだ。

 ストックを使ったらどうだろう。
 本来は、足より下についたストックが抵抗となり、滑るのを防止するはずなのだが、それには前傾姿勢をとっていることが前提だ。
 肝心な体全体が後傾姿勢をとっていればストックの意味はなくなるどころか、ストックを持つ肩に力が入り、下山後に肩コリだけが残る。

 本来は、山登りの本に書いてあるように、上半身を楽にし、つま先から着地する要領で下ればいいのだ。
 スキー、スノボーなどは、スクールで基礎を教えてくれる。
 スクールに入らなくとも、本やビデオで滑り方を見るくらいの事はするだろう。
 それよりもはるかに人口が多い山歩きで、スクールがないのは不思議だ。
 平日の稲荷山尾根、休日の小仏城山―相模湖、明王峠―相模湖などで、ワンポイントでもいいからレッスンができないだろうか。

 いずれにせよ、山で絶対に滑らない歩き方などできないのだ。
 体の力を抜いてリラックスし、滑った時にしなやかに対処できるように楽に考える事だ。

 下りが苦手な人は、登りが苦手な人と違い、上司、先生、親である脳が、部下、生徒、子供である足のやる事を信じていない。
 足の事を信じていないとどうなるかと言うと、まずは後傾、いわゆるへっぴり腰になる。
 それでも足の事をまだ信じられない場合は、足元だけを見るようになる。
 後傾のままで足元を覗き込もうとすると、首だけを前に出すので、極端な猫背になる。

 普通の状態では、登りと比べると、下りはバランスをとるため、手は必然的に大きく振ることになる。
 休日の天気がいい日、1号路の清滝から霞台までの舗装された急坂を見ればすぐ分かる。
 下りのほとんどの人は、登りの人に比べ、手の振りを数倍大きくしながら歩いている。

 一方、稲荷山展望台の直下、ほんの20〜30mの距離だが、急で一見滑りやすそうな個所がある。
 ここになると、下りの4分の1くらいの人は、手が振られていない。
 肩に力が入り、手を振ることができないのだ。
 本来は、足を踏み出したときに出る上体のブレを、手を振ることで解消する。
 それは、足と手という、子分どおしが、脳にいちいち命令されなくてもお互い協調しあって、自然にできるのだ。
 それなのに、親分である脳が余分な介入をすることで、足と手の仲を裂いてしまっている。

 親分である脳は、本来やるべきもっと大事な仕事がある。
 それは、これから進む場所を事前にキャッチし、足に情報を送ることだ。
 そのためには、数十メートル先を読み取り、最適なルートを選択すべきなのだ。

 小仏城山から小仏峠方面に下る道で、NTTの無線中継所直下の坂は、3〜5条の道に分かれている。
 そこを、へっぴり腰で、一番急斜面を降りてくる人がいる。
 あんな下りを怖がりながら、どうしてわざわざ一番急な斜面を選ぶのか、不思議に思うかもしれない。
 じつはこれは、その怖がっている人が、真下だけを見て、前を見ていないためなのだ。

 この程度ならまだいい。

 下り坂でも、途中に分岐点がある場所はいくらでもある。
 足元だけ見て、標識を見落として道に迷う可能性は大いにある。

 また、高尾にはあまりないが、道のすぐ下が崖という場所はかなり多い。
 崖のすぐそばまで草が覆われていたとする。
 その草だけを見て、足を踏み入れたらどうなるだろうか。
 たとえ草が生えていても、路肩はもろいところが多い。
 草ごと崩れ、崖から落ちることも十分あり得る。

 これなど、木を見て森を見ず。
 慎重と言う名の危険行為だろう。


 とりあえず、自分がどのくらい後傾になっているかの確認をしておこう。

 比較的急な斜面で、足のサイズ1つ分、つまり30センチ四方だけが平らになっている個所を選ぶ。
 いつも足元ばかり見ている人なら、稲荷山あたりで簡単に見つかるだろう。

 その斜面を登り、平らなところで両足を揃えて着く。
 その姿勢を保ったまま、両足を揃えたままくるっと180°まわる。
 この姿勢が、下りでも最低限必要な体の傾きだ。

 いつも下っている姿勢よりも、かなり前のめりではないだろうか。
 だが、これは止まっている時の状態で、平地でもそうだが、歩いているときは、さらに前傾となるのが普通だ。


 もうひとつ、小仏城山から高尾山にかけての下りで試してみよう。
 比較的広い斜面で、真ん中が階段、その両側がコンクリートで固められた斜面になっているところが何箇所かある。

 まず、階段を普通に下ってみよう。
 階段は、普段下っているので、そう下手な人はいない。

 今度は階段と同じ姿勢を保って、その両側にある斜面のどちらかを下ってみよう。
 あくまでも同じ姿勢を保つことが大事だ。
 慣れてきたら、リズミカルに、階段、斜面を交互に下ってみよう。
 ここはあまり急な斜面ではないが、この姿勢を覚えて、もっと急で滑りやすい斜面でも応用できたらいい。
 
 それから、丁寧に降りることも忘れないでほしい。
 歩くのが遅いのと、丁寧に歩くのとでは、別の次元の話だ。
 下りに恐怖心を持っていると、なるべく歩数を省略して早くこの下り状態を脱しようという気持ちが働く。
 本来、下り坂も登り坂と同様、段差を少なく、舐めるように降りるべきであり、それにきちんとした姿勢が加わるのが丁寧な下り方なのだ。

 慣れてきたら、おへそを上に持ち上げるように意識すると良い。
 体幹が安定し、下りに自信がつくだろう。

 山を侮るべきではない。
 しかし山に対し、卑屈になる必要はない。
 あるときは、山に対し、毅然たる態度も必要だろう。
posted by 高尾評論 at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | 苦手別対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登りが苦手

 重力に逆らう行為である登りは、下りよりも苦しいのは分かる。
 しかし、必要以上に登りで苦しんでいる人をよく見かける。

 それも屈強な体の持ち主である若い男の子が高尾山口からちょっと登ったお稲荷さんや1号路のジグザグの途中で、倒れ込むように、ゼイゼイ、ハアハアしている。
 
 このような人を見ると、上司、先生、親である頭の中の脳が、部下、生徒、子供である心臓や足に対し、やたらと厳しいことが分かる。
 心臓や足の適性や能力を無視し、ひたすら頑張るよう、強要するわけだ。
 
 一見貧弱なじいさん、ばあさんに抜かされると、もういけない。
「あんな奴らにどうして抜かされるのだ!」
 と、さらにピッチを上げさせようとするのだ。

 歩幅を狭くとりながら、ちまちま登っていると、
「お前、やる気があるのか!」
 と、脳から怒鳴られる。
 だから、精一杯、足を大きく上げて頑張るのだが、そんな事が長い間続くわけはない。

 そのような上司、先生、親である脳は、心臓や足に対し、むやみにはっぱをかける前に、自分のやるべきことを放棄してしまっている。
 あの一見ひ弱な、じいさん、ばあさんが涼しい顔をして登っているのなら、どうして簡単に登れるのか、観察する義務がある。
 そしてそれを、足に伝える義務がある。
 
 脳が軽蔑している老人だが、冷静に見ると、傾斜が急になるほど、小股で歩き、1歩あたりで稼ぐ標高差を極力少なくしているのが分かる。
 また、体幹がぶれることなく、常に目的の方向に向いてスムーズに上半身を移動させているのが分かる。
 鬼上司、スパルタ親は、部下や子供に根性を要求するだけであり、その結果、自分の脳が入っている頭も、ぴょこぴょこ飛び跳ねながら歩くことになる。
 脳はおみこしの上に乗っているのだから、担ぎ手の足や体幹をなだめて、なるべく乗り心地の良い歩き方をしてもらい、自分も楽をして、適切な指示を出すようにしたいものだ。

 歩き方がうまい人たちをさらに観察すると、高尾山口からはゆっくりと歩き始め、体が山歩きに慣れてから徐々に本調子に持ってくる。
 ザックの背負い方ひとつとっても、若者のようにお尻に垂らすのではなく、両脇の紐をぴったりと閉め、服を着るような感じで体にフィットさせている。

 このような積み重ねが、山歩きと言う長丁場を耐える秘訣であり、指導者である脳は、今日の山歩きの配分を決め、周りの人の歩き方を見習う謙虚さがほしい。

 初めての山歩きで、心臓や足の能力が分からない場合、歩き始めはとりあえず、ごくゆっくりしてみてはどうだろう。
 山歩きの本によく書かれているのは、歩き始めて20分で、消費エネルギーが糖から脂肪に切り替わるそうだ。
 それまではゆっくりのペースを保ち、余裕がありそうだったら徐々にペースを上げて行ったらどうだろうか。
posted by 高尾評論 at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | 苦手別対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。