2014年10月28日

2014年秋の混雑

 今年の紅葉は早い。
 高尾周辺の年間最混雑は勤労感謝日がかかる連休が普通だが、今年はもう少し前になるだろう。
 

 待ち合わせは高尾山口駅改札口を避ける
 現在、高尾山口駅は駅の改築工事と裏側の温泉施設新築工事をしており、改札口外の広場はかなり狭くなっている。
 改札口の中は相変わらずの大混雑で、往来の邪魔になるし、相手を見つけるのも渋谷駅のハチ公よりも難しい。
 ケーブルの清滝駅の方がましだが、範囲が広いので、滝のある池のどちら側とか、詳細を決めておいたほうがいい。
 また、11月は特設会場を設けてイベントをする機会が多いので、約束の場所が使えない可能性もある。
 初めてのグループで一番のお勧めは、全員が電車組ならば、高尾山口駅ホームの両方の隅だ。
 但し、ホームのこの辺は屋根がないので日焼け対策が必要だ。
 


 マイカーは今まで以上に大変
 
 圏央道が開通しても、高尾山口周辺の駐車場利用者が著しく増えてはいなそうだ。
 だが、もともと観光客数に比べて駐車場の絶対数が少ないので、週末は朝の7時くらいで満車になる可能性はある。
 更に、圏央道の開通により、高尾山インターで高速に乗ろうとする人が増え、高尾山口駅前の渋滞は、以前よりも増えている。
 これからのシーズンの土日祝日、どうしてもマイカーで朝の8時以降に行きたいのなら、京王高尾線の北野から高尾までの駅の近くに駐車し、そこから電車に乗り換えることを勧める。
 

 稲荷山コースでも朝の下り、夕方の登りは避ける
 
 11月中は、6号路は登り専用になることは広く知られている。
 しかし稲荷山コースも清滝駅のすぐ上と6号路合流点の上はすれ違いが困難な場所がある。
 山歩きでは登り優先の原則はあるが、ここまで人数が多いと下りの人がいちいち待っていたのでは全体の列が進まない。
 結局多数決の原理で朝は登り、夕方は下りが優先となり、逆方向は延々と待たされることになる。
 ここで強引に流れと逆行すれば、大多数の人から顰蹙を買うことになる。
 

 トイレ問題
 高尾山口に着いたとたんに嫌になるのがトイレの混雑だ。
 電車組は、高尾山口に着く前、京王線のどこかの駅で用を済ませたほうがいい。
 早朝を除き、京王線はほぼ10分間隔で運行している。
 乗車駅でトイレに行けなくても、どこかの駅で途中下車し、次の電車に乗れば、10分のロスだけで後はトイレの心配をしなくてもいい。

 高尾山口でどうしてもトイレを利用したい場合はどうするか。
 一番混雑しているのが駅構内のトイレで、ここだけは避けたい。
 次が改札口を出てすぐ左にある屋内のトイレ、それから少し先の仮設トイレの順に混んでいる。
 駐車場が満車になっていれば、駅前駐車場や祈祷院駐車場のトイレもお借りするのも一案だ。
 ただ、祈祷院駐車場はかなりの時間のロスになる。
 高尾山頂直下の豪華トイレは、朝は意外に空いている。
 逆に午後になると混み始め、高尾山口周辺のほうが空いていることが多い。

 常連さんはメインコース以外で
 
 メインコースとは、1号路、4号路、6号路、稲荷山コースを指す。
 高尾山中でも、3号路、病院前コース、蛇滝コース、いろはの森コース、冨士道(0号路)、金毘羅コースに入ると、うそのように静まり返る。
 また、高尾山頂を抜け、紅葉台を過ぎれば、陣馬高尾縦走路も渋滞になることはないだろう。
 この際、北高尾山稜、南高尾山稜も視野に入れたい。
 但し、まだスズメバチの活動時期だから、道なき道は巣に突き当たる可能性があるのでやめておきたい。












 
posted by 高尾評論 at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | 混雑対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

秋の混雑

 高尾山が混んできた。
 これからの週末は、天気が良ければ、毎週混雑が激しくなり、下旬の3連休にピークとなるはずだ。

 3連休を過ぎると、急に客足が途絶える。
 次に高尾が賑わうのはダイヤモンド富士が見える冬至前後と初詣の時期だが、場所は限られている。

 アクセス

 圏央道高尾山インターの開通により、マイカー組がどれだけ増えるのか懸念されたが、今のところ、高尾山口の駐車場の混雑は少し増えたくらいだろう。
 とは言え、8時くらいに到着したのでは、薬王院祈祷殿駐車場、高尾山口駅前駐車場とも満車となっている可能性がある。
 高尾は日本の数ある山の中で、最もマイカーが似合わない山であることは間違いない。

 京王線は絶対的に利用者が多いのだが、キャパがそれ以上あるため、積み残しはおろか、すし詰めになることもないだろう。
 新宿‐高尾山口直通、北野乗り換えがそれぞれ20分間隔、合計10分間隔で出ているが、
直通のほうでも始発駅を10分前に並べば、まず座れるだろう。
 空いている車両は、行き、帰りとも先頭車両だ。

 中央線の高尾以西の普通電車は、本数が限られているので、タイミングが悪いと、すし詰め状態になる可能性がある。
 しかし、相模湖か藤野までのわずかな区間だ。

 バスは以前よりも臨時バスを増やしているようだ。
 山歩き以上に体力が消耗すると言われた陣馬高原下発のバスも、基本的には全員座れるように車両を手配している。
 但し、車両数には限度があり、ピークシーズンにも当てはまるかどうかは分からない。

 陣馬高原下の路線は、先日、土休日ダイヤを白紙改正した。
 高尾駅北口発は、6時55分、7時35分、8時15分、8時55分、9時以降は毎時34分発になる。
 陣馬高原下発は毎時25分発、最終は20時25分だ。

 西東京バスと言えば、高尾駅北口から八王子城跡までの路線が新設された。
 土休日のみ、1時間に1本の運行だが、北高尾山稜のアプローチが飛躍的に良くなる。



 トイレ

 高尾山口周辺のトイレは相変わらずひどい混雑だ。
 電車組は、その前の駅で用を足したほうがいい。

 高尾山頂直下に新築された豪華トイレは、54座もあるため、今のところ、混雑しているのを見たことはない。
 2階部分の女子用トイレは混雑している時だけ開放する。

 高尾山口でまだ我慢できるようなら、この豪華トイレまで頑張るか、リフト山上駅のトイレを使うようにしたい。
 比較的遅い時間帯なら、電車組でも、満車になった駐車場のトイレを使う手もある。

 小仏城山のトイレも一新され、とても清潔になった。
 ただ、キャパが限られているため、ピークシーズンにはかなり並ぶことも予想される。


 登山道

 おそらくこれからのシーズンも、1号路、4号路、6号路、稲荷山尾根は渋滞するだろう。
 特に、1号路の薬王院の上と、稲荷山尾根の6号路合流地点より上は、狭くなることで渋滞する。
 4号路吊り橋手前は写真渋滞が起きる。
 6号路は片側が崖になったところで、ビビッて止まる人がいると、次々と渋滞が起きる。

 渋滞がいやなら、朝早くこの地区を通過するか、別の道を歩くしかない。

 守屋氏作成の「詳細登山図」の普及に伴い、高尾のマイナールートを歩く人が増えている。
 せっかくのトップシーズンだ。
 普段、人通りの少ない山道を歩くのは心細くていやだという人も、この時期ならそれなりに人が通っている。
 この機会に、北高尾山稜、南高尾山稜などのマイナールートに挑戦するのもいいだろう。
 高尾評論は、守屋氏と個人的関係はないのだが、マイナールートを歩くのなら、「詳細登山図」は、ぜひ持ち歩きたい。


 ケーブル、リフト

 今まで見た範囲では、ケーブル、リフトの利用者の増加率は、登山者全体の増加率ほどにはなっていないようだ。

 それでも、下りの混雑は激しい。
 理由は何度も述べているが、下り客の絶対数が多い上に、狭い時間帯に集中するからだ。
 もし登りが混んでいたのなら、下りはもっと混むと思って行動をしよう。

 下りは整理券を発行しているが、日が陰って来る夕方、寒いところで待つのはつらい。


 パワースポット

 願叶輪潜は相変わらず混雑しているが、六根清浄のぐるぐる回す奴はいろいろな場所にできたため、以前よりは分散するようになった。

 薬王院本堂、本社は、参拝客は多いが、一度にたくさん参拝できるので、少し待つ程度だろう。
 奥の院や麓の不動院、6号沿いの琵琶滝は、ほとんど待ち時間はない。

 どちらかと言うと、全体的に午後の方が空いている。

 但し、初詣の時は、どこも混雑を覚悟しておくこと。


 昼食 
 
 トイレは飛躍的に改良された高尾山中だが、休憩する場所は本当に少ない。

 トップシーズンに持参の弁当をゆっくり食べたければ、高尾山中を外すしかない。
 バーナーを使って調理しようとすると、場所は更に限られる。

 高尾山口、高尾山中、陣馬高尾縦走路ともに、店の数は多い。

 高尾山口周辺は、蕎麦を中心とした飲食店がほとんどだ。
 シーズン中、並ぶのがいやならば、開店と同時に入ることを勧める。
 となると、かなり早朝から歩きだしてすぐに下山して昼食にするか、昼食を食べてから山に登るか、どちらかになり、行動範囲は著しく制限される。
 早めに店じまいするところが多く、下山後、打ち上げをしようと思うと、店はほとんど開いていない。

 高尾山中、霞台から高尾山頂までの店は、どちらかと言えば店頭売りが主だ。
 もちろん店内で食べることもできるが、食べながら歩くケースの方が多いだろう。
 人気商品は、それなりに行列ができる。

 陣馬高尾縦走路上にある、紅葉台、小仏城山、景信山、明王峠、陣馬山には、それぞれ茶屋がある。
 山小屋と違い、人が常駐しているわけではなく、店の人は毎日麓から登って営業している。
 だから、営業日は、土日が中心であり、それもシーズンオフや悪天候の場合は、開いているとは限らない。
 うどん、蕎麦、おでん、山菜天ぷら、夏ならかき氷など売っている。
 いすれも注文をとってから、できたら呼ばれる方式をとっているので、並ぶ必要はない。
 また、飲料水も売っているので、持っている水がなくなった人は買えば良い。
 ペットボトル1本が200円から250円だが、標準的な山小屋の500円に比べると安い部類だろう。
posted by 高尾評論 at 19:26| 東京 ☔| Comment(0) | 混雑対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

電車の位置 ‐生存競争に勝ちたい人向き‐

 同じ電車に乗るのなら、少しでも優位な条件を求める人用に述べてみる。こんなことを気にすると、却ってストレスが溜まるという人は読まないでほしい。
 京王線も中央線も、電車は頻繁に出ており、トップシーズンでも山歩きの人だけで電車がぎゅうぎゅう詰めになることはない。できるだけ座りたいとか、乗り換えを有利にしたいとか、トイレに早く行きたいとか、そのレベルだ。

 行きの京王線 
朝の京王線はラッシュと逆方向なので、それほど混むことはない。
とは言え、シーズン中は朝の下り電車は山歩きの人だけで立つことがある。

 高尾山口行き準特急で一番空いているのは、一番前、号車番号でいうと1号車だ。
残念ながらそれでも座れなかった場合、山の格好をしていない人の前で立ち、チャンスを伺うことだ。

 行きの中央線
 中央線の方が京王線よりも山歩きの人の割合は少ない。
その分、乗り降りも激しく、どこの車両で立っていても座れる可能性がある。
但し、中央特快は、京王線準特急よりも混んでいることが多い。
一番空いているのは、やはり一番前の車両だ。
中央線電車の号車番号は京王線と正反対で、高尾側が10号車となる。

 山の格好をしている人も、立川で青梅線に流れることが多く、ここで座れる可能性が高い。

 高尾山口駅下車
京王線は直通の準特急は10両編成、各停は8両編成が原則だ。
どちらも号車番号が付いている。
一番有利な階段の降り口に立つのなら、8両編成の場合、5号車1扉、10両編成だと7号車1扉となる。
日中の場合、土日、平日とも高尾駅発毎時12分、32分、52分発前後の便が8両編成、その他が10両編成だ。

高尾山口駅にはもう1か所階段の降り口があるが、トイレは遠くなる。
 但し、シーズン中、電車を降りて一番乗りで階段を駆け下りても、前の電車で降りた乗客が列を作っていることがあり、すぐにトイレに駆け込める保証はない。
 また、ケーブル、リフト乗り場まではかなりの距離があるので、一番で改札口を出ても、その後の歩行速度により順位がかなり変わる。

 中央線高尾駅でバスへの乗り換え 
中央線高尾駅から陣馬高原下、小仏行きのバスに乗り換える場合、バスで立ちたくないという心境から、かなりの競争になり、大勢の人が足早に北口改札口に向かう。

 中央線下り電車の停まるホームは、1番線から4番線まであり、これによって条件が異なる。
1番線なら一番前の車両、3、4番線でも一番前の跨線橋を渡って2番線へ出てから改札口、2番線の場合は3両目くらいとなる。
確率的に一番有利なのは一番前、つまり10号車4扉だ。

 中央線高尾駅で京王線に乗り換え 
中央線下り電車で高尾駅まで来て、高尾山口まで京王線に乗り換える場合、生存競争はあまり熾烈ではない。
高尾から高尾山口までは1区間で3分間の乗車時間に過ぎない。
中央線が到着するホームによって異なるが、6号車当たりが無難だ。

 帰りみち、中央本線上り列車で藤野、相模湖方面から京王線上り電車に乗る場合も、あまり競争する意味はない。
この場合、中央線の車両数、高尾駅の到着ホームによっても異なるが、真ん中よりも少し後ろが無難だ。
 なお、連絡改札口を通り、京王線構内に入って階段が2か所ある。
手前の階段を登ったほうが、電車に乗り遅れる可能性は少ない。

 京王線高尾駅で中央線又はバスに乗り換え 
京王線高架ホームの階段は2か所あり、新宿寄りの階段の方が改札口に近い。
ここに停まる車両は8両編成も10両編成も6号車4扉になる。

 階段を下り、南口改札口と連絡改札口の分岐点に出る。
中央線に乗り換える人は「JR乗り換え」の自動改札を通る。
陣馬高原下、小仏行きバスに乗り換える人はすぐそばの南口改札口を出ず、連絡改札口側の「高尾駅下車」の自動改札を通り、中央線の2番ホームを通り過ぎて北口改札口から出る。

 京王線でこれらのバスに乗る人は、中央線よりも歩く距離がかなり長くなり、不利になることは確かだ。

中央本線藤野駅下車
 和田行きのバスに乗る場合、トイレに駆け込む場合も含め、
 一番後ろの車両の一番後ろのドアが有利だ。

 帰りの京王線 
 山歩きを終えて高尾山口の階段を登ると、電車に人がうんざりするほど人が立っているが、新宿側へ進むとガラガラになることが多い。
 高尾山口の改札口を過ぎると多くの人が向かって左側の階段を登るからこの車両だけが集中する訳だ。
 混雑が予想されるとき、高尾駅で中央線に乗り換える人も含め、改札口を入ったら右の階段を登ったほうがいい。

 帰りの電車で高尾山口から乗る場合、一番空いているのが一番前、つまり10号車だ。
 新宿までの直通電車である「各停北野行き、北野より準特急」と表示のある電車は、ここで座れば、最後まで眠って行ける。

 高尾駅から乗る場合も同じだ。
 但し、「各停新宿行き」に乗り、北野で京王八王子発新宿行きの準特急に乗り換える場合は、全く逆だ。
 北野で一番後ろに行くと、準特急も座れる可能性が高まる。

 帰りの中央線 
 高尾駅は中央線の始発だから、原則的には座れる。
 しかし、ちょうど藤野、相模湖方面からの中央本線の列車が到着したときは、立ち席も出る。
 
 中央線の上り電車も、一番前、つまり1号車が一番空いている。
posted by 高尾評論 at 21:52| 東京 ☁| Comment(0) | 混雑対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップシーズンにマイカーで高尾

 圏央道ができて間もない現時点で、高尾山の駐車場がどのくらい混むのかは、データがないのでまだ分からない。
 客観的な情報だけ述べれば、高尾山口付近の駐車場のキャパシティーは祈祷殿、高尾山口駅付近の臨時駐車場も含め、約500台だ。一方、京王線の電車1編成当たりの座席数は約500席だ。マイカーは1台に2人乗り、電車は座席がちょうど埋まった状態とすると、電車2本分で運ぶ乗客数だけで、駐車場が満車になる計算になる。
高尾山周辺で駐車できるスペースは、高尾山口以外にいくつかあるが、いずれもスペースが少なく常連に朝早く取られてしまったり、場合によっては違法駐車になる個所もあるので、高尾評論では紹介できない。
 
 一般的には高尾山口付近が満車だと、高尾駅まで行き、電車で高尾山口まで引き返すことになる。高尾駅付近は駐車場が多いところだが、トップシーズンの駅前は満車になる可能性があり、車でうろうろしている間に時間ばかりがどんどん経つこともある。
 高尾山口の駐車場は最初からあきらめ、京王高尾線の狭間、めじろ台、北野駅付近に狙いを定めて行く手もある。京王線は10分間隔に出ており、それほど時間のロスはない。東京方面からの場合、中央道を八王子インターで降りると、高尾山インターと比べて片道500円ほど安くなる。これらの駅を利用する場合、電車に乗る前に必ずトイレで用を足すようにしよう。
 どうしても高尾山口に駐車したい人は、夕方近くに行き、前の車が出庫するタイミングを見計らって入る手があるが、うまくいくかは全く保証できない。
posted by 高尾評論 at 06:34| Comment(0) | 混雑対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。