2014年06月03日

1時間歩いたら10分休憩?

山歩きの本や山のホームページに良く書いてあることだ。
 これだと計算が面倒なので、もう少し算数のセンスがある本だと「50分歩いて10分休憩」と書いてある。
 高尾評論は医学の素養がないから分からないが、これは何かの根拠に基づくものなのだろうか。

 いずれにせよ、書いた本人を含め、山歩きする人がこれをどのくらい守っているだろうか、疑問だ。
 まさか、時計や携帯のタイマーで50分なり1時間をセットし、ベルが鳴ったらすぐに休憩する人はいないだろう。
 それでもグループ登山では、メンバーの体調をチェックする観点から、リーダーは定期的に休憩を取るようにしている。
 しかし、初心者が多いグループの場合、休憩時間を10分で切り上げるのは大変難しい。
 初心者の10分休憩と言うと、ザックを降ろしてドカッと座り込み、服を一枚脱ぎ、水を飲み、メールをチェックし、隣の人と一言二言かわし、さあ何か食べようかと思ったところで終わってしまう。
 ここでリーダーが「出発」と言ったら、メンバーから「鬼」と言われるだろう。
 鬼リーダーがいなければ、そうこうしているうちに、軽く30分は経過する。
 初心者登山で実際の行程が予定よりも大幅に遅れる原因としては、歩くスピードが遅いということよりも、休憩に時間を取り過ぎるケースの方が多いはずだ。

 そもそも、山歩きで休憩を取る意味は何なのか。
 疲れを取るためのものではないか。
 もし疲れがなければ休憩そのものが必要ないのではないか。
 高尾評論では、疲れない歩き方を理想としている。
 呼吸数は安静時と同じ、心拍数も極力上げない歩き方を良しとしている。
 上体はぶれず、肩に力を入れず、膝を柔らかく使い、余分な筋肉の疲労もなくすよう提唱している。
 となると、休憩はやはり、必要ないのではないか。

 そういう高尾評論自身も、少なくとも単独での登りは、標高差千数百メートル程度ならほとんど無休憩で歩く。
 途中で止まるのは、水分補給と体温調整くらいだ。
 大休止は、景色の良いところまで取っておくことにし、山行の前半はなるべく道草を食わないようにする。

 もちろん、少しでも気になることがあれば、確かめることは必要だ。
 靴の紐が緩んだとか、財布や弁当をザックに入れたか心配だとか言うときは、いったん止まって確認した方が精神衛生上もいい。








posted by 高尾評論 at 08:06| 東京 ☀| Comment(4) | 山の常識を疑う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 高尾評論様
連投失礼致します。
私しも同じ考えであり、高尾評論様がこういう記事を書いて下さると自分の考えもあながち間違いではないと少し自身を持てて嬉しくなります。

 自分も疲れない歩き方を理想としています。
景色を堪能したい所でついでに疲れを癒す休憩を取る感じです。

 ここで一点もし差し支えなければ水分補給について考えをお聞かせ願いたいです。
 自分はあまりのどが渇かないですが、登りが続く場合1時間を目安に水分補給を行います。
(歩きながら口に一口二口含む感じで、がぶにのみはしない)

 ここでの基準としましてはお手洗いに行きたくなると水分補給過多。
 あまりにお手洗いに行かない場合は補給が足りないという考えです。

 この間の生藤山〜高尾山でも前半4時間は全くお手洗いには行く気が起こりませんでした。
 脱水症状は自覚がなく気づくと手遅れな為、
もしお考えがありましたらお聞かせ願いたく書かせて頂きます。
Posted by なおと at 2014年06月03日 20:00
ご質問、ありがとうございます。
私の意見に賛同いただき、心強い限りです。
せっかくいただいたご質問ですが、水分補給の量とタイミングについては、確固とした意見を述べられないのが正直なところです。

参考になるか分かりませんが、私の水分補給について述べてみます。
まず、山歩きを始める30分前までには水分を多めにとっておきます。
そして、登山口では必ずトイレに立ち寄ります。
これは水分補給というより、山歩きの前に体の中を、新鮮な水分に入れ替えるつもりで実施しています。
山歩き中は私も1時間に一度くらいは補給をしています。
そして、トイレが近くにあれば、なるべく入るようにはしています。
場合によっては、男の「小」で何百円も取られますが、下山後の暴飲暴食と比べると安いものです。
肝心な水分補給量ですが、何ともいえません。
私自身、同じ気温で陣馬高尾の定番コースを歩いても、その日の体調で、飲む量は全く違うのが現状です。

ただひとつ言えるのは、水がなくなったら山歩きは中止です。
近くに水場や売店がなかったら、躊躇なく下山することにしています。




Posted by 高尾評論 at 2014年06月03日 22:22
 高尾評論様
コメントありがとうございます。

山歩き30分前までに水分を多めに取り、登山開始前に一度トイレに行くという考えが聞けて有り難いです。
 私は登山2時間前に朝をしっかり食べるくらいしか考えは無く、水分補給についてはあやふやで悩んでおりました。
(脱水症状にならないかの不安で、しかし飲みすぎも体が重く感じて歩きづらくなる事もあり・・・)

 水分補給は確かに体調に左右されると思いますので
飲む量は定量的には難しいと思いますが、1時間に一回程度補給しながら歩くことは同じでしたので安心致しました。
 
 水がなくなるのは本当に怖く、先日の登山でも下山しても1リットル以上は残しつつの登山でした。
これは今後も注意しつつ登山をしたいと思います。

 失礼致します。
Posted by なおと at 2014年06月03日 23:26
なおと様
山での健康管理は、安全管理よりも難しいものだと思います。
山の専門家の間でもあまり重視されない傾向にあります。
このことは、高尾評論でもいずれ記事にしたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。
Posted by 高尾評論 at 2014年06月04日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。