2015年07月07日

噴火に備えた富士登山

日本列島の火山活動が活発化している現在、富士山の噴火警戒レベルは1のままだが、今まで以上に心配している人も多いだろう。
近所の箱根山ではレベルが3になったし、去年の大災害をもたらした御嶽山はレベル1のままで噴火した。
富士山の場合、噴火の可能性がある火口は頂上だけでなく、麓にも分散しているため、危険個所を特定するのは難しい。
最近内閣府が作った富士山火山防災マップによると、5合目以上はすべて火砕流、噴石が飛ぶ最も危険な区域に入っている。

そんな富士山に敢えて登りたい人にとって、噴火で遭難するリスクを極力少なくするのにはどうすればよいか。

一番の予防策は、富士山中の滞在時間を極力短くすること


山の本には、落石の危険性がある個所は速やかに通過するように書いてある。
火山の場合も同じだ。
噴火に遭うリスクは、山中の滞在時間と比例する。
火山は、登山中すべて、もっと言うと、麓を車やバスで移動している時も噴火の危険にさらされている。
富士山の場合、五合目に着いたなら、高所順応に要する時間は仕方ないが、その後は無駄な時間をとらず、さっさと歩き、無駄な休憩時間も取らないことだ。
と言っても息が切れるほど急いで歩く必要はない。
大事なのは、歩き方の基本を大切にし、体力配分を考え、トータルの所要時間を短くすることだ。


逃げ足を速くすること

火砕流や噴石に当たるか当たらないかは運に左右されることも多いだろう。
しかし、噴火が起こる気配を感じたら、とにかく早く下山するか、近くの山小屋に避難するしかない。
多少怪我のリスクが上がっても、急ぐしかない。
急いで下ることはタブー視されているが、普段からある程度の速度で下れるようにしておくことは、噴火のほか、落雷や日没を避けるためにも必要だと思う。

夜間登山は止めること

夜では火砕流が向かってきているのか、噴石が飛んでいるのかも分からない。
いくら高性能のライトを持っていても、行き先が全部見えるわけではない。
特に富士山の夜間登山は、自分で行き先を照らすというより、前の人にただついていくという感じだ。
突然噴火が起きれば、どこを通って逃げれば分からなくなり、大パニックを起こす可能性はある。

夜は山小屋で過ごすこと

噴火が起きた場合、山小屋が比較的安全なことは言うまでもない。
夜はむやみに歩き回らず、山小屋でじっとしていることだ。
テントも危ない。
もっとも富士山の5合目以上はテント禁止だ。


ガスがかかりそうな時は登山を止めること

夜ほどではないが、危険物が迫っていることも、自分の行き先も分からなくなる。


結論として、純粋日帰りが一番安全

夏山シーズンは登山者のために富士山で働く人はとても多い。
その人たちの生活を脅かすような提案はしたくないのだが、敢えて結論を述べさせてもらう。

噴火によるリスクを最小限にするためには、純粋日帰りが最も望ましい。
つまり、日が昇ってから登山を開始し、その日の日没までに下山することだ。

ただ、これは噴火だけから見た狭義の安全であり、高山病や転倒によるリスクは考えていない。



次に安全なのは、山小屋完全1泊

 純粋日帰りができない人は、日没から日の出まで、山小屋の中にいること。
 例え眠れなくても、ご来光が見たくても、暗いうちは山小屋の中にいるようにしよう。

一番危ないのが夜行登山

 せっかく山小屋を利用しても、暗いうちからご来光を仰ぎに山小屋を出たのでは意味がない。
 ただ、これだけ噴火について話題になっているのに、富士登山ツアーの大部分が夜行登山を決行している。


道具の話
 富士山の安全と言うと、まず道具の話を出す事が多い。
 こんなことよりも、山への滞在時間を短くすることの方がずっと大切だと思うが、高尾評論もヘルメット、ゴーグル、マスクは持参する。

ヘルメット
 山用の軽く、蒸れないやつがあるので、これがおすすめだ。
 よくザックにぶら下げている人がいるが、せっかく持っているのに使わないのはもったいない。
 富士山は常に落石の危険が伴う。
 登山開始から下山までの間、休憩している間も含め、常に被るようにしたい。
 
ゴーグル
 スキー、スノボー用のものでいい。
 普段は紫外線防止としてサングラス代わりにかけたら良い。
防塵用としてもいい。
 高尾評論の場合、登りは汗で曇ってしまうので、お鉢めぐりと下り専用で使っている。

マスク
 須走口か御殿場口に降りる人は、防塵用で持っていた方がいいだろう。
 せっかく持ってきたのなら、直ぐに出せるところに置いておこう。






posted by 高尾評論 at 20:14| 東京 ☁| Comment(0) | 富士山と高尾山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。