2015年03月31日

早発早着は絶対条件?

 山歩きの原則は早発早着だ。
 これは間違いない。
 
 高尾山周辺だけ見れば、観光客を含めた客の高尾山口駅到着のピークは10時前後だろう。
 土日なら、この時間帯だと駐車場は既に満車だ。
 メインコースは渋滞が始まっていることもあるし、せっかく高尾山頂まで登っても、既に富士山は隠れていることが多い。
 高尾山を山として楽しみたいのなら、もう少し早く着いたほうがいいかと思う。
 
 これが陣馬山になると、出足はずっと早くなる。
 土日の高尾駅発6:55陣馬高原下行始発バスは、天気が良ければ超満員で、その直前に臨時の急行バスが出るほどだ。
 
 更に高い山になると、こんなものでは済まない。
 人気の山の登山口は、日の出前から駐車場が満車となる。
 金曜日の夜、職場から家に帰るとあたふたと準備を済ませ、夜の高速道路を飛ばして登山口に向かう。
 登山口に着くのは日付が変わった頃だろう。
 ここで登山者は、少しでも眠っておかなければならないという強迫観念が働く。
 狭い車内で膝に乾きものを乗せ、コンビニで買った生ぬるいビールを流し込む。
 そしてシートを倒して横になるのだが、次々と駐車場に入ってくる車のヘッドライトの光とエンジン音が気になり、眠れたものではない。
 
 ウトウトしたかしないうちに、辺りは白み始め、出発時刻になる。
 登り始めてから10分も経たないのに、呼吸が激しくなり、吐く息はアルコール臭い。
 五感は鈍ったままで、皮膚をつねっても痛くない状態だ。
 しかもたちが悪いのは、睡眠不足は睡眠を取る以外、解決方法はない。
 登山者は山歩きの長い初日を、睡眠不足という負い目を背負ったまま、歩き続けることになる。
 
 早発早着という山歩きの原則は確かにある。
 しかし、山歩きの目的のひとつは、健康増進にあるはずだ。
 そのためには、出発前の快眠、快食、快便が条件になることは間違いない。
 駐車場を確保し、早発早着しようとする気持ちは分かるが、それに支払う代償は、大き過ぎないだろうか。
 
 例えば、日光男体山登山のための二荒山神社中宮祠の無料駐車場は、シーズン中、暗いうちから満車となる。
 だが、ここから歩いて10分程度の中禅寺湖畔に一日310円の駐車場はいくらでもある。
 有料駐車場の利用は午前7時からだ。
 徹夜で午前5時半から登り始めるのと、家で十分な睡眠を取って7時過ぎから登るのと、どちらがいいだろうか。
 男体山の平均的な所要時間は登り4時間、下り3時間だ。
 この間に、睡眠組は徹夜組を抜かしても、不思議ではない。
 確かに、7時過ぎから登り始めて日が明るいうちに下山できるか心配な人もいるだろう。
 ただ、その人たちは、徹夜で5時半に登り始めても、ちゃんと下山できるかは疑問だ。
 
 那須岳登山口の峠の茶屋駐車場でも、シーズンの土日は午前5時には満車となる。
 ここが満車だとその下のロープウエイ駐車場、それもダメだと更に下の大丸温泉駐車場となる。
 大丸温泉駐車場は、満車となることはまずない。
 車で走ると大丸から峠の茶屋まではヘアピンカーブを何度も登っているので、あそこを徒歩で行けばうんざりするかと思うけれど、実際は車道をショートカットする歩道があり、たいしたことはない。
 登り30分、下り20分を見れば、十分だろう。
 大丸温泉駐車場に車を置けば、三本槍からの中の大倉尾根を通り、北温泉を経由する周回コースを取ることも可能だ。
 
 更に難関の燕岳登山口、中房温泉駐車場の場合を考えてみる。
 ここは、第1から第3駐車場に停められなかった場合、路駐となるので深刻だ。
 脚に自信がある人は、日曜日の午前9時以降に着くようにしてみてはいかがだろう。
 土曜日から燕山荘に泊まった人が、朝一番で下るので、その車の空いた後を狙うわけだ。
 下りが速い人なら、燕山荘から駐車場まで2〜3時間で着く。
 駐車場の入り口でしばらく待ち、車が出たらすぐに入れればいい。
 ただこれは、日帰りならかなりの健脚の人か、翌月曜日まで山中に居られる人に限るし、駐車場が確実に空く保証もない。
 
posted by 高尾評論 at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | 山の常識を疑う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。