2013年02月07日

お金がないのに高尾

首都圏に住んでいる人にとって、高尾の山歩きは最もお金がかからない娯楽のひとつだろう。
新宿から高尾山口まで京王線で往復740円だから、映画を1本観るのより安い。

ケーブル、リフトは当然乗らない。
都心からならJRよりも京王を使う。
さらに交通費を削減したければ、陣馬山へ行くのに、陣馬高原下行きのバスに乗らず、藤野駅から徒歩という手もあるし、もっと健脚ならば高尾山口から往復もある。

信心深い人ならば、小銭をたくさん用意し、高尾山中に点在するパワースポットで有効に使おう。

首都圏の人が高尾に行って、意外にお金を落とすのが飲食代ではないか。
高尾山口から高尾山頂までの1号路にはいろいろと茶屋の誘惑があり、あちこち寄ると、出費はばかにならない。
帰りに打ち上げと称して飲み会をすれば、交通費の何倍ものお金がなくなり、いままでの消費カロリーは帳消しとなる。
うかい鳥山やうかい竹亭で打ち上げをすれば、交通費より一桁余分な出費も考えられる。

これらを節約するには、なるべく飲食物をザックに入れて持って行くことだ。
ある程度の山へ登る人なら、3食分をザックに詰め込み、1食目は行きの電車での朝食、2食目は山頂での昼食、3食目は非常用で場合によっては帰りの電車で食べるというのは常識だ。
その中で一番重いのは水分だから、これだけは現地調達という手もある。
高尾山麓から高尾山頂までは、東京都の水道水が引かれている。
塩素の含有量は分からないが、水道水でいい人は、空のペットボトルで用は足りる。

山道具を節約する方法はないだろうか。
これだけは安全と衛生に関係するため、高尾評論では勧められない。
ひとつ言えるのは、1品ずつ、十分に吟味し、自分の体形と山歩きのパターンに合うものを無駄なく買うことだろう。
もうひとつの節約方法としては、ある程度の山道具に出費するのは仕方ないと割り切り、その山道具を他のところへ転用するのだ。

山着なら普段着として使えばいい。
ゴアテックスの上着を着れば、雨の日でも傘なしでその辺を歩ける。
インナーはそのまま職場でも学校でも防寒着として着て行けばいい。
山用ザックも、大学生ならそのまま学校へ持って行っても全然かまわないだろう。
「そんなかっこ悪いもので、街の中を歩けるか」
というのなら、街の中を歩けるような山道具をあらかじめ選んで山でも使えばいい。
posted by 高尾評論 at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | 悪条件下高尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

冬の高尾 −今が旬ー

冬本番の今が、高尾で一番空いている季節だ。
と同時に、今が高尾の山歩きで、一番お勧めの季節だ。

何と言っても、展望がいい。
夏場だと、富士山がはっきり見えるのは、台風一過など、わずかな時期に過ぎないが、今なら半分以上の確率で見ることができる。
周りの山々も雪を頂いているので、他の時期よりも高い山に登った気分になる。
関東平野方面もスカイツリーや江の島などは、土地カンの悪い人でも容易に同定できるだろう。

会いたくない動物御三家、クマ、ヘビ、ハチも出てこない。

公共交通機関も、よほどの大雪の時以外、めったに止まることはない。
陣馬高原下や小仏行きの臨時バスが出ないだけで、後は他はシーズン中と変わらない。
ケーブルも雪に強い。
リフトだけは気になるのなら事前に聞いておいたほうがいいだろう。

茶屋は、土日でも開いていないことがあるので、縦走をする人は、ある程度の食べ物、飲み物は持って行った方がいい。
それから、ベンチや芝生が雪で覆われていることもあるので、お尻に敷くものも持って行ったほうがいいだろう。

一番気を使うのが、着るものだ。
確かに、絶対的な気温は都心よりも寒いのは事実だが、登りであまり厚着をすると、すぐに汗をかく。
体感温度が一番低いのは、家から最寄りの駅までの往復だということも多いだろう。
しかし、保険の目的で、もう1着くらい持って行った方がいい。
それから、運動をして体の内部が火照っていても、手や足や耳の先は冷たいことが多いので、手袋や靴下や帽子は厳重に用意していった方がいい。

ということになると、荷物はどうしても多くなる。
ザックも大きめの物にしておかないと、途中で着る物を入れるスペースがなくなる。

雪道の歩き方などは、別に述べる。
posted by 高尾評論 at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | 高尾の四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の高尾

高尾で一番お勧めの時期は、真冬だ。
高尾も山なので、都心に積もる雪の量よりは当然多くなる。

ただ、日本海側が大雪になる西高東低の気圧配置の時は、ほとんど雪は積もらない。
冬型の気圧配置が緩み、前線が通過すると、どっと雪が積もることがある。

今年はちょっと例外だが、ふつう、1、2月の厳冬期よりも3月の方が高尾の積雪は多い。

高尾のどの辺が雪が多いかは、一概に言えない。
雪が降った直後は、標高の高い場所が一番雪が積もっていることが多いし、雪が降って大分経った時は、日が当たらない北側斜面に雪が残っていることが多い。

また、雪がなければ安心とは言えない。
雪よりも怖いのが凍結だ。
いつ、どこが凍結しているかも予想が難しい。
人通りが多い場所だから大丈夫と思っていると、そんなことはない。
踏み固められた雪が翌朝に凍結していることはよくあることだ。
よく凍結していると言われるのは、稲荷山コースの清滝からほんの少し登ったところと、琵琶滝からほんの少し霞台に登ったところだ。

雪道の歩き方のこつとして、よく「ペンギン歩き」がいいと言われる。
これは半分当たっていて半分外れている。
小股にして、足の裏全体を着地するようにというのは当たっている。
体重は、かかとよりもつま先に掛けるようにしよう。
しかし、その際、ペンギンのように上体を揺すって歩けば、体幹がぶれるため、転びやすくなる。
雪道の歩き方は、とにかく静移動、静荷重だ。

ただ、歩き方を工夫するだけで、雪の山道を安全に歩くのは限度がある。
手っ取り早いのはやはりアイゼンだろう。

4本爪の軽アイゼンから、12本の本格的なものまで売っているが、簡単なものが取り付けやすく、歩きやすいかと言えば、そんなことはない。
4本爪だと靴の裏の中央部にしかアイゼンがくっ付かないため、バランスを取るのは却って難しい。
本格的なものになるにつれ、設置面積が多くなり、滑りにくくはなるが、高尾の場合、余程のことがない限り、6本爪までで充分だろう。

アイゼンを持っていても、取り付けられなければ話にならない。
冬の高尾に行く前には、必ず山靴を履いて、その上からアイゼンを付ける練習をしておこう。
アイゼンの脱着は、速くできるに越したことはない。
山靴を履いたり、ザックの紐の長さを調整するのは、時間を掛けて納得できるまでやればいいのだが、アイゼンはそうは行かない。
アイゼンを履く場所は、いきなり雪や凍結個所が現れる地形的にも気象的にも厳しい場所が多い。
悪いことは言わないから、アイゼンの脱着だけは、事前に充分練習してきてください。

その代り、アイゼンを付けて、雪道をサクサク歩く快感は、やった人しか分からない。
多少の凍結個所も、ものともせず歩けるのは、アイゼンを付けた人の特権だ。

ただ、その快感と引き換えに、うんざりするのが使い終わったアイゼンをしまう場所が見当たらないことだ。
だいたいアイゼンを外す場所がどろどろの所だから、使い終わったアイゼンも泥がこびりついている。
汚いと言って、手で持ったり、ザックに括り付けるのは、刃物をさらして歩くことになるので、ビニール袋を何重かにしてその中に入れるしかない。

体を安定させるには、手も使った方がいいだろう。
といっても高尾でまさかピッケルは必要ないので、ストックになる。
ストックは1本用と2本用があるが、高尾評論は「山歩きは左右対称」というスタンスで行くので、ダブルストックを推薦する。
ストックの基本的使い方は、いつか別に述べたいと思う。
本来は足の軽減のために使うのだが、バランスをとるためにも使える。
posted by 高尾評論 at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | 悪条件下高尾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。